一般的なお歳暮のマナー

お世話になった人への感謝の贈り物として日本ではお歳暮はおなじみの存在であり、おもに年末のあいさつの意味もあるため、12月13日から20日前後に贈ることが多い傾向にありますが、その土地や地域によってもばらつきがあるため、必ずしもこの日付の間に贈らなくてはいけないといった決まりはありません。そんなお歳暮ですが、熨斗紙をつけて水引の結び目の中央上に御歳暮と記し、その中央下に自分の氏名を書くことが基本であり、直接ギフトを持って先方へ出向いて挨拶することが望ましいですが、相手が遠方に住んでいたり仕事などが忙しくてなかなか出向くことが難しいケースも多いので、最近はギフトを購入したお店もしくはインターネットショップなどからお歳暮ギフトを相手方へ郵送することも増えています。



ただし郵送する場合は挨拶状を同封するか、お歳暮ギフトが到着する頃に手紙もしくははがきで連絡することを忘れないようにしましょう。

そしてギフトを受け取った方は、感謝のしるしなのでお返しの品を用意する必要こそありませんが、受け取ったことを知らせるためにも最低限電話連絡ぐらいはした方が無難ですし、やはり出来ることなら電話よりもお礼状を出した方が、より丁寧でおすすめです。
ちなみに相手が喪中だった場合、ギフトを贈っても良いのか悩むこともしばしばありますが、お歳暮はあくまで感謝の気持ちの表現であるため、お祝いではありません。



それゆえに贈ることは問題ありませんが、やはり相手方を察して四十九日を過ぎてからのが良いですし、紅白の水引は使用しないといった配慮をすると良いでしょう。



Copyright (C) 2016 一般的なお歳暮のマナー All Rights Reserved.