赤ちゃん置いたら泣くのはどうして?

###Site Name###

育児ってこんなにも大変なものなかと出産してから思い知らされる人も多いでしょう。


普通に赤ちゃんってなんとなくただ可愛いだけでおむつを替えて欲しいとかお腹すいたとかで泣くものかと単純に考えていたり。



もちろんその子その子で個性もあるので違いますが背中にスイッチがあるかのように布団に置いたら泣くという驚きもあります。赤ちゃんを置いたら泣くのはホントにスイッチがあるのでしょうか。寝かしつけの時に赤ちゃんを抱っこして眠ったからと自分の体から離すと温もりから解き放たれたようになって起きて泣いてしまうようです。


そっと置いたら泣くのも完全に眠っていないことがほとんどです。



ホントに眠りについているかの確認として眉間のところを軽く触ってみて反応があればまだ眠っていないようです。
せっかく眠りにつこうとしたのに中途半端な状態で布団に置いてしまうとまた寝かしつけが一から始まります。


ずっと抱っこして重いのもありますがここは耐え時でホントに眠りにつくまで布団に置かないのが賢明です。
冬場などの寒い時期は布団が冷たくなっている場合があって温かいママの体から冷たい布団にうつると赤ちゃんの目が覚めてしまいます。できるだけ布団も温めておきましょう。

寝かしつけの時だけに限らず置いたら泣くのはママから離れたくないというのともっと抱っこしていて欲しいというのが一番にあります。

もちろんずっと抱っこしているわけにはいきませんがこの赤ちゃんの時期はすごく短いけれど一番べったりママといられるのでこの時間を大事に過ごしていきましょう。



PAGE TOP