お歳暮で贈ってはいけないもの

お歳暮は毎年同じ相手に贈る場合が多く、いつも同じものを贈ると相手にがっかりされないかとか、感謝の気持ちが伝わらないのではないかと気にしてしまい、品物選びにも苦労してしまします。


しかしお歳暮はあくまでも日頃の感謝の気持ちを伝えるものなので、あまり難しく考えたり気取ったりせずに贈ることが大切です。



ただ、中にはお歳暮として贈ってしまうと大変失礼になるものもあるので、確認しておく必要があります。



まず商品券などは「お金に困っている人」と思われていると取られ、大変失礼にあたるので絶対に贈らないようにします。

ハサミや刃物なども相手との縁を断ち切るという意味にも取れる事から贈るべきではないと言えるでしょう。

特に目上の人や会社の上司の方に贈る時には靴下や下着など、身に付けるものは贈らないようにしなければなりません。何故かというと、これは相手に対して「踏みつける」や「みすぼらしい格好をしている」と受け取られかねないため、日頃の感謝の気持ちを表す品としてはふさわしくないのです。
そして一番気を付けなければいけないのが、相手の嫌いな物や苦手なものを贈る送る事です。

お歳暮の定番としてビールなどのお酒をよく見かけますが、アルコールが苦手な方も中にはいるでしょうし、食品などの場合は相手の方がアレルギーを持っている場合も考えられます。



日頃の感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですから、贈って喜ばれるように相手の好みを事前に把握しておく必要があると言えます。

Copyright (C) 2016 お歳暮で贈ってはいけないもの All Rights Reserved.