布団に置いたら泣く赤ちゃんへの対策

###Site Name###

腕の中で寝始めた赤ちゃんを布団に寝かせたら、起きて大泣きしてしまったという経験はないでしょうか。


乳児を布団に置いたら泣くのは、背中への刺激が原因となっています。

背中は敏感な部分であり乳児は睡眠が浅いので、布団に置いた際の背中への刺激で目を覚ましてしまうのです。


抱き上げられていたのに布団に置かれることで、感触の違いを感じ寝ていても起きてしまいます。赤ちゃんを起こさずに布団に寝かすには、タオルなどの身体をしっかりと包み、急がずゆっくりと布団に置いてあげることです。

乳児を布団に置いたら泣くのには背中への刺激だけでなく、抱いてくれているお父さんやお母さんの暖かな腕の中から温もっていない布団へと移動することで温度の差を感じてしまうことにもあります。



なるべく温度差を作らないようにタオルで包み暖めてあげながら、布団の寒さを感じないように寝かしつけてあげましょう。

また、布団に寝かしてあげる際には、背中へ刺激を与えないようにゆっくりと置くようにします。

眠る赤ちゃんを起こさないように、お尻から足の順に下半身を下し腕で支えながら背中をゆっくり下していき、最後に頭を枕に置いてあげましょう。
刺激を少なくして寝かしつけることで、布団に置いたら泣くという問題を減らすことができます。



他におすすめな方法としては赤ちゃんを抱きながら自分も布団に横になり、腕枕として添い寝してあげることも効果的です。



よく寝付いたらゆっくり腕枕を外して休ませてあげましょう。


PAGE TOP