赤ちゃんの泣きやむ方法

###Site Name###

赤ちゃんはひょんなことから泣き出します。

いつ泣き出すかは顔の表情やしぐさを観察していればある程度はわかりますが泣き出した場合は泣きやむまで待つか泣きやむのを止めるために声をかけたりおもちゃ等の道具を使って赤ちゃんの興味をひくのが一番です。

お母さんがやさしい声をかけたりおんぶしてあげるとすぐに泣きやむのですが赤ちゃんが今まで接した事の無いような知らない人が泣きやむのを止めさせようとしてもなかなか泣き止みません。



接する相手によって泣いたり泣き止んだり不思議なものです。


一番の泣きやませ方としてはミルクを飲ませると満腹感から落ち着き眠気も催すため非常に効果が見込めます。
男の子でも女の子でも赤ちゃんにとって泣くという行為は感情を表現する一つですので何かしら訴えかけているものがあるのでしょうが言葉で表現されない面からなぜ泣いているのかを理解するのに非常に難しい面があります。



特に他人から見るとただ単に泣いているだけの様に見えますがいつも子守をしている母親からすればお腹がすいているのか何か不満があるから泣いているのかある程度理解できますので経験を基に対処して行けます。



泣きやむ方法としての対処法としては赤ちゃんのお母さんが子守をするのが一番ですがお母さんが身近にいない場合などはおもちゃで興味をひかせやさしく抱えて背中を撫でてあげるか温かいミルクを与えて気持ちを落ち着かせゆったりさせ眠らせるのが一番の対処法になります。

PAGE TOP