お歳暮を贈る際に気をつけること

年末に、お歳暮を贈る習慣のある人達は多くいます。
百貨店などでは、早い時期からお歳暮の申し込みを受け付けています。
希望者にはカタログが発送されますので、自宅でゆっくりと商品を決めることが出来ます。

お歳暮を贈る際には、相手の好みを考えることを第一にします。
日頃からの付き合いで、好みを熟知している場合が多くなりますので、商品えらびをすることはさほど難しいことではありません。相手の好みは、家族数等も含めて考えることが必要です。

少人数の家庭に、分量の多い食べ物等は、もらっても困ることがあります。


したがって、相手の毎日の生活に役立つような商品を選び、心をこめて贈ることをポイントとします。



お歳暮は、百貨店等から配送されることが多くなります。


ややもすると、事務的で、お店任せの贈り物となります。



お歳暮は、一年間、お世話になった人達への感謝の気持ちをあらわす行事となります。



したがって、感謝の気持ちと、来年も変わらずに付き合ってもらいたい気持ち、さらには、年末年始を健康に気を配って、元気に過ごしてほしいという相手を思いやる気持ちを、手紙等に書き、郵送することも必要なこととなります。

手紙が大げさな場合には、はがきでも良いことです。

また、失礼にならない相手の場合には、メール等でもかまいません。商品だけを贈ることは避け、気持ちのこもったご挨拶を添えることを忘れないようにします。

贈られた人達は、商品とともに、贈り主の気持ちを大切に思ってくれるようになります。

Copyright (C) 2016 お歳暮を贈る際に気をつけること All Rights Reserved.